根菜の煮物
蓮根、人参、こんにゃくも炒め煮。
いつもはここに牛蒡も入れるけど、今日は無かったので3種類だけ。
こんにゃくを乾煎りして、ゴマ油を加えたら蓮根、人参を加えてさっと炒め、味醂と醤油を加えて汁が無くなるまで炒り煮する。
最後にゴマを加えて蓋をして蒸らせばできあがり。
| koume-dou | 21:53 | comments(0) | - |
切干大根のはりはり漬

切干大根をさっとあらって調味液に漬けるだけ。
切干大根は煮ることしか知らなかったけど、こんな料理もあったのね〜♪

調味液=梅酢2:醤油3:りんごジュース2

今回は調味液が少し多かったので、胡瓜と人参の千切りも加えてみた。
| koume-dou | 10:00 | comments(0) | - |
春キャベツ

キャベツとアブラナ科の野菜をさっと炒めた料理。
塩・少し多めの胡椒で味付け。
簡単でシンプルだけど、春のキャベツは甘くて美味しいのでこうしていただくことが多い。
| koume-dou | 22:56 | comments(0) | - |
豆腐料理

名前は何ってつけると良いのか・・・・?

水切りした豆腐にすりおろした山芋、すりおろした蓮根、炒めた玉葱と人参、茹でたコーン、完全粉、塩・胡椒で味付け。
しっかり混ぜて180℃のオーブンで約20分焼くと出来上がり。
| koume-dou | 22:53 | comments(0) | - |
筍パスタ

筍でパスタ。
娘と一緒のお昼はパスタが多い。
今日は昨夜友達にいただいた筍でパスタを作った。

にんにくをしっかり炒めたら、筍と冷蔵庫にあった『つぼみ菜』(アブラナ科)とトマトを加えて炒め、味は塩・胡椒・醤油。とてもシンプル。


娘の好きなコーンを入れた若芽スープ。
沸騰したお湯にスライスした玉葱、コーン、若布をいれ、塩・胡椒で味付け。これも超簡単スープ。
| koume-dou | 22:46 | comments(0) | - |
お友達と一緒に♪

今日はお友達ご夫婦が遊びに来てくれた。
マクロに興味のあるご夫婦で、以前にも一緒にお料理する機会は2度ほどあり、今日は我が家でお料理&夫と娘も加わって皆で食事をした。
沢山で食事するのは楽しいな〜♪

この炒り豆腐は友達のリクエスト。おおかた友達が作ってくれた、長く炒るので少々疲れた様子・・・。
豆腐が程よく炒れていてとても美味しいかった!


これは、パーティーメニューにもってこいの一品。
じゃがいもを蒸してマッシュして茹でたコーン、塩・胡椒・カレー粉で味をつけ、餃子の皮で包んで揚げるだけ。
『お弁当にもいいね〜♪』と友達。ご主人もとても気に入ってくれた。


少し暖かくなってきたらこんなさっぱりメニューもいいね、と今回はそばサラダも作った。
あえる野菜はいつも適当に冷蔵庫にあるもので。
ドレッシングは梅酢1:醤油1:ごま油1。
夏の暑い時はそばの量をうんと増やしてお昼の主食としていただきます。
| koume-dou | 22:37 | comments(0) | - |
娘の料理♪

今日の嬉しい出来事♪娘が晩御飯を作ってくれた〜!
娘の大好きなパスタとお豆腐の料理。
冷蔵庫にあるお野菜を適当に使ったパスタは絶品!ほんとに美味しかった。


豆腐のグリル。これは豆腐を水切りして耐熱容器に入れてオリーブオイル、塩、パン粉、チーズを乗せてトースターで焼いたもの。
シンプルな料理だけど、これは今後まねしてちょくちょく作ろう!

今日は楽させてもらって、美味しいお料理と一緒にいただくワインがいつもよりも美味しく感じた。ふふ。
| koume-dou | 22:16 | comments(0) | - |
炒り豆腐

豆腐は陰性食品なので、そのまま食べると体を冷やす。なので夏の暑いときは冷奴でいただくと体が冷えて良い効果もあるけど、寒い時期は熱を加えたり、陽性食品と合わせていただくことを心がけたい。

玉葱、人参、小松菜を炒めて、しっかり水切りした豆腐を加えてゆっくりゆっくり炒める。調味は塩と醤油。

| koume-dou | 21:17 | comments(0) | - |
春 野草のてんぷら

ふきのとうと菜の花のてんぷら。
春の野草の苦味には冬の間に体にたまった毒素を排出してくれる働きがある。
感謝していただこう!
春の野草の苦味を嫌がる娘もてんぷらにすると美味しいって食べてくれる、不思議。
| koume-dou | 21:05 | comments(0) | - |
黒米

いつも炊いている玄米に『黒米』を少し加えて炊いた。
『黒米』は古代中国から薬膳米として伝わったお米で、楊貴妃や秦の始皇帝も美容と長寿のためにたべていたそうで、古くからお祝いのお米として珍重されてきたそうだ。

玄米よりも栄養価が高く、滋養強壮に優れていて、若返り効果もあるので積極的に食べたいと思う。

玄米1Cに対して小さじ1程度混ぜるだけで全体が赤く炊きあがる。
| koume-dou | 21:01 | comments(0) | - |
Page: 1/10   >>

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode